デンソーダイアグステーション

デンソーは、1949年の創業以来、品質を第一に考えたモノづくりを徹底してきました。そのために必要な人材を育成し、そして、技術を磨き、研究を重ね、革新的な製品を世界の人々へ届けてきました。

また、同時に「そうして市場に提供した製品については自らアフターサービスを行ない、お客様に不自由なく使い続けていただくことが部品メーカーとしての責務」であるとの観点から、1954年に指定サービスステーション制度を発足し、現在、全国約750社がデンソーサービスステーション(以下、SS)としてデンソー製品の修理・取付け・販売を行なっています。

一方、近年の自動車に対する社会的要請である環境規制を見てみますと、排気ガスに関連するNox、PM、CO2の大幅な低減が追求されています。

これを受けて各自動車メーカーは、ハイブリッドシステム、コモンレールシステム、そして各システム間の効率的な作動のための協調制御や統合制御等の先進技術をもって対応を図っています。

このような車の将来に対し、「自ら製造したものは自らサービスを行なう」というデンソーの基本理念を今後も実現し続けるために整備業界の抱える課題を補完できる、すなわち将来の高度技術車両の故障診断に対応できる設備、人材、情報という新たな機能を具備したSSがデンソーダイアグステーションです。

写真:デンソーダイアグステーション目印看板

写真:デンソーダイアグステーション

写真:デンソーダイアグステーション

デンソーダイアグマイスター

「デンソーダイアグマイスター」とは、デンソーが実施している特別教育を受講し、検定試験に合格した故障診断技術のスペシャリストです。高度化する車両全体の電子制御システム情報を解析し、故障部位を特定することにより、迅速なサービスとCS向上に貢献します。

デンソーダイアグマイスターの目指す姿は「電子システムとメカニカル製品が融合するクルマ」という単位で故障診断方針の立案ができる」ことにあります。

この目指す姿を実現するためには、自動車整備技術が必要不可欠であり、自動車整備士2級以上の保有を、現在、デンソーダイアグマイスターの資格取得条件のひとつとしています。

また、車両の故障診断方針を立案できるためのデンソーダイアグマイスター教育をデンソー本社のサービス研修所で実施しています。

写真:デンソーダイアグマイスター

写真:デンソーダイアグマイスター

写真:デンソーダイアグマイスター

デンソーダイアグマイスター制度

図:デンソーダイアグマイスター制度の流れ 受講資格:デンソー資格検定1級+自動車整備士2級(電子システム製品の知識+車両側メカニカル部品基礎知識)→マイスター研修:システム製品教育補講 2週間、トラブルシュート実践教育+問診・説明 3週間→マイスター資格テスト:技術力+問診・説明力+安全・CSの総合テスト→ダイアグマイスター認定→更新テスト(1回/2年)合格が条件

写真:デンソーダイアグマイスター認定証

写真:デンソーダイアグマイスター教育終了試験合格証書授与式

デンソーダイアグステーション設置の背景

近年の自動車技術は、省資源・環境保護や安全、快適、利便性などの追求により、急速に電子制御化され、今後も技術が一層高度化していくと予想されます。これまで、デンソーサービスステーションでは、各製品単体の修理を主な業務としていましたが、将来の自動車技術の進展に伴うお客様のニーズに対応するためには、高度に電子化・統合制御化された車両の故障を総合的に診断し、迅速に修理できる「デンソーダイアグステーション」とそのネットワーク構築が必要と考えました。

デンソーは今後も、お客様のニーズと期待に応えるため、常に時流に先んじたサービスネットワークづくりに取り組んでいきます。

車両の変化に伴う要求されるサービス対応の変化

車両の変化

グラフ:車両の変化 高度診断対象車の市場比率が増加

サービス対応の変化

グラフ:サービス対応の変化 原因究明力(診断力)が将来のキー技術