コントロールデバイス

自動車用エアコンは、温度調節の操作を大幅に減らせ、運転者の負荷が軽くなるとともに、安全運転にも貢献する自動化したオートエアコンの普及が進んでいます。オートエアコンは、車内温度を希望温度に設定すると、車内温度、外気温度、日射量、エンジン水温などをセンサで検知し、制御システムにより設定温度を保つよう自動的にコントロールします。

自動車は、その使用環境や移動などにより、常に変化する気候の影響を受けます。運転者や乗員に負担なく快適な車室空間を実現するため、赤外線センサによる乗員と車室の表面温度を検出してエアコンを制御するなど、最適な空調制御システムを開発し、製品として提供しています。

オートエアコンのシステム構成

図:オートエアコンのシステム構成

製品の搭載位置

図:製品の搭載位置


(1)エアコンパネル


(1)エアコンECU


内気センサ


マトリックスIRセンサ


日射センサ


湿度センサ


外気センサ


エバポレータセンサ


冷媒圧センサ