DENSO HOME >  生活関連機器・産業機器 >  住宅設備機器 >  エコキュート > エコキュートテクノロジー > エコキュートヒートポンプ
エコキュートのご購入はこちらから エコキュートダイレクト

エコキュートヒートポンプ

世界に挑み続け、鍛え抜かれた技術へのこだわり。

「エコキュートの発明」から15年。
先進のテクノロジーは今、さらなる進化を実現

他社に先駆け自然冷媒を家庭用給湯機に活用したのがエコキュートの始まりでした。そこには、デンソーの自動車のものづくりを通じて培った様々な技術が凝縮され、その高度な技術は数々の賞に輝いてきました。しかし、デンソーの技術の進化には終わりはありません。エジェクタサイクルをはじめとする省エネ技術の進化、そしてスクロールコンプレッサや圧力センシングによる厳しい環境下でもしっかりとお湯を沸かす技術など、多彩な給湯シーンに応えるヒートポンプ技術に磨きをかけてきました。お客様の笑顔のそばに、いつも先進のヒートポンプ技術を。デンソーは様々なお客様にご満足いただける製品を目指し、日々あたたかな進化を続けていきます。

※1.CO2ヒートポンプ式給湯システムの発明(特許第3227651号)において他社・他機関との共同受賞

エコキュートヒートポンプ世界初、夢の技術の実現

エジェクタサイクル(EJECSⅡ※2

ハイブリッド自動車にも搭載の省エネ技術。髪の毛より細い金属管を加工する、デンソーの精密加工技術が夢の技術を実現しました。

※2.エジェクスⅡは、高性能シリーズのみに搭載されています。
(対象型式はDN371EHBX、DN461EHBXです。)/エジェクス(EJECS)は、
㈱デンソーの登録商標です。

エジェクスⅡ 搭載機種はコチラ

※高性能シリーズのみ

精密加工技術

エジェクタサイクルは、“エジェクタ”と呼ばれる装置内で冷媒速度を急激に変化させる必要があります。入口では人が歩く程度の速さ、途中では飛行機並みの速度に加速、出口では自動車並みの速度に減速。この技術を実用化させるためには、髪の毛より細い金属の管を自在に加工する超精密加工技術が必要でした。デンソーはこの技術的課題に自動車燃料噴射用装置で培った技術を応用。ここに世界初のエジェクタサイクルの量産化を実現しました。

精密加工技術

エコキュートヒートポンプ寒いときも、しっかりお湯を沸かせる。

スクロールコンプレッサ

デンソーの高い精密加工技術※3によるトライボプレート(独自のすべり軸受け)※4により、厳しい条件下での運転も可能にしました。

※3. パルス電解加工は、電気加工学会、全国大会賞を受賞(2014年6月)
※4.トライボプレートは、トライボロジー学会、技術賞を受賞(2012年5月)

スクロールコンプレッサ

圧力センシング

エンジンの燃焼制御に利用されるセンサ技術を応用。厳しい条件下でのコンプレッサの運転状態を見守ります。

※圧力センシングは高性能シリーズ、寒冷地シリーズに搭載されています。
(対象形式は、DN371EHBX、DN461EHBX、DN371EHPK、DN461EHPK)

圧力センシング

エコキュートヒートポンプ専用設計ならではのメンテナンス性能と耐久性

プレートコア熱交換器

高性能・小型のデンソー独自のプレートコア熱交換器。水抜きしやすい構造にし、メンテナンス性にも配慮しています。

※2016年11月1日デンソー調べ

プレートコア熱交換器

専用ドレンパン

ヒートポンプ式給湯機は夏も結露水が発生します。その性質を踏まえ、排水性を確保する形状設計と共に、耐腐食性に優れたZAM鋼板製の専用ドレンパンを採用しています。

専用ドレンパン
エコキュートヒートポンプ
このページのトップへ