プラグの寿命

一般的なプラグの寿命

電極の消耗

電極の消耗

電極は火花放電によって放電しやすいところから消耗します。
特に中心電極はより高温になるため、酸化されて消耗します。

電極消耗量は、電極材質の融点、強度、硬度などによって変化します。この消耗量を少なくするため、電極にはニッケル合金や白金、イリジウムなどの材質を使って、細い電極でも寿命をのばしています。
また、エンジン種類、使用条件により一定でないですが、一般プラグの場合、走行距離1万kmにつき、約0.1~0.15mmの範囲です。

予備知識

予備知識

電極の消耗したプラグを使いつづけると、点火コイルに負担がかかってコイルの寿命も短くなります。
早目のプラグ交換をお願いします。
ちょい乗りや、低速走行ばかりの運転も要注意!!
くすぶり・かぶりが起こりやすくなります。

要求電圧の上昇

要求電圧の上昇

要求電圧(ギャップでの放電に必要な電圧)は、走行距離に比例して高くなります。
この要求電圧の上昇は、中心電極端面の鋭角部分が、ある程度丸く消耗する期間(約4,000km)までの電圧上昇が大きく、その後は電極消耗によるギャップの拡大が主な要因であり、電圧上昇は小さくなります。

ミスの発生と原因

ミスの発生と原因
ミス 混合気が燃焼しない現象
発火ミス スパークプラグの電極間に火花が飛ばないために起こるミス。イグニッションコイルの発生電圧が、プラグの要求電圧より低くなったとき発生します。
着火ミス スパークプラグの電極間に火花が飛んでいるにもかかわらず、混合気が着火せず、燃焼しない現象。

経済寿命

プラグの交換推奨目安について

火花放電により電極は消耗し火花ギャップが拡大していきますが、ギャップがある限界を超えると火花の飛びが悪くなり混合ガスへ安定して着火されなくなる可能性があります。そうなるとエンジンの馬力低下・燃費の悪化につながったり、排気ガスへ悪影響を与えますので交換が必要となります。
詳しくは「プラグの交換時期について」を参照してください。

経済寿命

スパークプラグの物理的な寿命は、失火を起こし始める走行キロ数と考えてください。失火は燃料の無駄づかいを招くことはもちろん、エンジンの不規則な振動や出力低下を招き、特に排気対策車では浄化装置を損傷する原因となるので、物理的寿命までスパークプラグを使い切ることは、経済的には必ずしも得策とはいえません。
そこで経済的な交換時期として、上図の走行キロ数での交換を推奨しています。(ただし白金プラグは10万km)

イリジウムプラグの寿命

イリジウムプラグは、長寿命タイプばかりではなく、一般プラグの寿命と同じ2万km(軽自動車1万km、二輪車0.5万km)のものがあります。

2万kmタイプ [一般寿命タイプ]

"I" ではじまる型式

<例>   ・IXU22C
     ・IXUH22
     ・IK20
     ・IQ20
     ・IW20
     ・ITV20
     ・IKH20    など

10万kmタイプ [長寿命タイプ]

"S" "Z" "F" "D" "V" ではじまる型式

<例>   ・VXU22
     ・VXUH22
     ・FK20HR11
     ・SXU20HPR9
     ・ZXU20HCR8
     ・DK20PR-D13    など