製品情報

WIRELESS CHARGING TRAY for PRIUS(プリウス専用 ワイヤレスチャージングトレイ)

日本初!カンタン、手間いらず。置くだけで充電。

Point1: 置くだけで充電 ― 面倒なコネクタ挿し、充電端子キャップ開けなど面倒な作業一切なし。※ Qi規格のスマートフォン・携帯電話なら、置くだけで充電ができます。 ※本製品はQi 規格に準拠し設計していますが、すべてのQi 規格機器との互換性を保証しているものではありません。

Point2: プリウスにジャストフィット ― プリウス専用設計ならではのフィット感。車内空間との調和も抜群。

Point3: 本体にアクセサリーソケットをビルトイン ― アクセサリーソケット(12V・60W)を本体に標準装備。いままで通り電気製品を使うことができます。

Qi(※1)とは: ケーブルをつながなくても充電できるワイヤレス給電技術の標準規格。Wireless Power Consortium(以下WPC)が策定したワイヤレス給電に関する規格で、WPCは現在177団体(※2)が加盟しており、「Qi(チー ※1)」規格の国際標準化を進めています。 ※1  「Qi(チー)」はWireless Power Consortiumの登録商標です。 ※2  2013年10月8日現在。

ページの先頭に戻る

仕様

プリウス専用 ワイヤレスチャージングトレイ

型 式 WCTDNX
定格電圧 DC12V
使用温度※1 -30℃〜60℃
充電方式 Qi規格(ワイヤレス充電)
充電電力 最大5W
消費電力 12W(ワイヤレス充電)
12V 電力 60W(アクセサリーソケット部)
質 量 約650g
メーカー希望小売価格 ¥14,200+税 ※取付費別

※製品の外観・仕様などは改良のため予告なく変更することがあります。

ページの先頭に戻る

型式品番表

型 式 WCTDNX
品 番 113900-084

ページの先頭に戻る

適応車種

プリウス(ZVW30系)・プリウスPHV(ZVW35系)

※トレイが車両に確実に固定できませんので、左記以外の車種には取り付けしないでください。

ページの先頭に戻る

注意
・磁気に弱いもの(磁気カード、記録メディアおよび精密機器など)を近付けないでください。故障・データが消える原因となります。・充電機器に強い力や衝撃を与えるような運転はしないでください。充電機器の故障の原因となります。・異常発生時およびお問い合わせは、お買い上げの販売店にご相談ください。お客様自身による修理は絶対におやめください。【ご使用上の注意】・パワースイッチを押しハイブリッドシステムを始動(詳しくは車両の取扱書を参照してください。)して、ワイヤレスチャージングトレイを使用してください。ハイブリットシステムを始動しないでワイヤレスチャージングトレイを使用した場合、バッテリー上がりの原因となります。・ワイヤレスチャージングトレイのチャージングスペースと車両電子キーは、30p以上離してください。ワイヤレスチャージングトレイの電波と干渉し、電子キーを認識しない場合があります。・チャージングスペースに滑り止め防止マットやシールなど取り付けないでください。充電機器とチャージングエリアの間に滑り止め防止マットやシールがある場合、充電できなくなるおそれがあります。・スマートフォンおよび携帯電話などにQi対応以外のカバーまたは装飾品を取り付けていると、材質、厚みなどによっては、充電できなく場合があります。確実に充電させるには、Qi対応以外のカバーまたは装飾品を取りはずしてください。
警告
・運転中に充電機器を移動させないでください。運転を誤り、交通事故の原因となります。・プリウス(ZVW30系)、プリウスPHV(ZVW35系)専用です。それ以外の車種には取り付けないでください。ワイヤレスチャージングトレイが固定できないため、運転を誤り、交通事故の原因となります。・充電機器が落下した場合は、運転中に拾わないでください。運転を誤り、交通事故の原因となります。・チャージングスペースより大きいまたは落下する可能性(転がる、倒れるなど)がある充電機器、物品を置かないでください。また、チャージングスペースから飛び出さないように置いてください。運転中に充電機器、物品が落下して運転を誤り、交通事故の原因となります。・ワイヤレスチャージングトレイと充電機器の間に金属類(硬貨、クリップ、金属製カバーなど)を挟まないでください。金属類(硬貨、クリップ、金属製カバーなど)が高温になる場合があり、やけど・故障の原因となります。・分解や改造をしないでください。(故障時など)やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。分解や改造を行った場合は、保証が受けられなくなる場合があります。・ワイヤレスチャージングトレイのチャージングスペースを長時間触ったり、金属類(硬貨、クリップなど)、Qiに対応していない機器(車両電子キーなど)を置いたりしないでください。車室内の温度が高い場合、チャージングスペースが約45℃になる場合があるため、長時間触るとやけどの原因となるほか、機器の故障の原因となります。・コードを傷付けたり、加工したり、無理に変形させたり、高温部に近付けたり、束ねた状態で使用しないでください。また、傷ついたコードは使用しないでください。ショートし、コードを溶かし、やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。傷ついた場合はお買い上げの販売店にご相談ください。・濡れた手でシガープラグを抜き差ししないでください。やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・シガープラグを抜くときは、コードを引っ張らないでください。コードが傷付き、やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・ワイヤレスチャージングトレイに水や飲料水をこぼさないでください。やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・故障や異常状態で使用しないでください。万一、煙が出る、変なにおいがするなどの異常があった場合は、直ちに使用を中止し、シガープラグを抜いてください。そのまま使用すると、やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・油類、アルコール、ベンジン、シンナーなどで拭いたり、ヘアスプレー、殺虫剤をかけないでください。やけど・火災・感電・けが・故障・ひび割れの原因となります。・タオルなどかぶせた状態で充電しないでください。やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・心臓用ペースメーカーをお使いの方は、ワイヤレスチャージングトレイをご使用する前に医師とよくご相談ください。ペースメーカーの作動に影響をあたえるおそれがあります。・シガープラグは奥に突き当たるまで差し込んでください。やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・ヒューズが切れた場合は、必ず10Aガラス管ヒューズ(市販)と交換してください。絶対にヒューズの代わりに針金などは使用しないでください。指定ヒューズ以外のものを使用しますと発熱し、やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・お手入れの際は必ずシガープラグをアクセサリーソケットから抜いてください。やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・長期間使用にならない場合は、必ずシガープラグをアクセサリーソケットから抜いてください。絶縁劣化によるやけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・小児が使用する際は、保護者が正しい使用方法を教えてください。誤って使用すると、やけど・火災・感電・けが・故障の原因となります。・ワイヤレスチャージングトレイの収納袋を速やかに個装箱に収納してください。小児が遊び、窒息の原因となります。

ページの先頭に戻る