デンソー、イマジネーションテクノロジーズ社と
CPUのコア機能についての共同研究を開始
〜将来の車両電子システムに向けたプロセッサの開発強化〜

2016年11月14日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二、以下デンソー)は、イマジネーションテクノロジーズ株式会社(本社:Home Park Estate, Kings Langley, Hertfordshire, WD4 8LZ United Kingdom、社長:Andrew Heath、以下イマジネーション社)とプロセッサ(CPU)内で、複数の処理を並行して進めることができる"ハードウェア・マルチスレッド(Hardware Multi-thread)機能"(以下マルチスレッド機能)についての共同研究を開始します。

 高度運転支援や自動運転技術の技術開発が進む中、車両のさまざまな部品や機能を連携して制御する電子化も進んでおり、多数のコンピューター(ECU)が自動車に組み込まれるようになっています。そのため、半導体デバイスの一種であるLSI(大規模集積回路)内には通常、複数のCPUが使用されており、CPUへの要求性能も複雑さを増しています。イマジネーション社は、半導体システム オン チップ【注】に使用される知的財産(SoC IP)の開発とライセンスを供与するメーカーで、CPUに実装される"マルチスレッド機能"については、世界をリードする技術を保有しています。デンソーは、ECU間の接続を取り持つ機能を中心に、"マルチスレッド機能"がより効率的に利用できるようにするため、イマジネーション社と共同研究を行うこととしました。

 デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。そしてこれからも今まで培ってきた技術を活用し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。

<注釈>

【注】半導体チップ上に必要とされる機能を集積する集積回路の設計手法

マルチスレッド機能を使用した場合のCPUの作動イメージ

以上