デンソー、第36回全国アビリンピックで金メダルを獲得

2016年10月31日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、山形県で開催された 第36回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)(10月28日〜30日)に出場し、「電子機器組立」種目で金メダル(金賞)を獲得しました。

 全国アビリンピックにはデンソーから1種目2名が出場し、「電子機器組立」で金メダル1個、銅メダル1個を獲得しました。

受賞者一覧

成績 氏名 種目
金賞 大野 公輔 電子機器組立
銅賞 斑目 明 電子機器組立

 デンソーは、技術を形にする高度熟練技能とノウハウを、技術開発と共にものづくりの両輪と考え、デンソー技研センターの技能者育成部門の前身となる技能者養成所を1954年に開設しました。以来、技能者育成と技能の伝承に力を入れています。

 アビリンピック参加の目的は、国際大会参加という大きな目標を掲げ、練習を通じて「モノづくりへのこだわり・挑戦する心」、「基礎技能の確実な習得により、できないことができるようになる喜び」を学ぶことです。この活動が、障がいを持つ社員の励みになり、能力伸展の契機になることを期待しています。

メダル獲得選手


(左)銅メダル 斑目明選手、(右)金メダル 大野公輔選手

以上