デンソー、車載用画像センサー【注】の高性能化を実現
〜夜間の歩行者認識を可能にし、交通事故低減に貢献〜

2016年10月25日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、車載用画像センサー【注】に、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(本社:神奈川県厚木市、社長:清水 照士、以下ソニー)のイメージセンサーを搭載することで、カメラの高性能化を実現し、夜間の歩行者認識を可能としました。

 ソニーのイメージセンサーは、デジタルカメラやスマートフォンなどの家電製品を含めた全市場で、世界トップシェアを誇り、高感度で光量の少ない夜間でも正確に被写体を撮影できるため、監視カメラなどにも採用されています。今回デンソーは、ソニー製イメージセンサーを採用し車載用としての品質(搭載性、耐熱性、耐振性など)を向上させ、車両搭載を可能にしました。

 また画像処理においても、ソニーの持つ画像処理装置(ISP:Image Signal Processor)を活用することで、夜間の歩行者を認識しやすく撮影するために、ノイズリダクション、およびカメラ露出の設定を最適化し、認識性能を向上しました。

 夜間における交通事故では、歩行者が巻き込まれるケースが多く、重大な事故につながる可能性が高くなっています。日本及び欧州の自動車アセスメント「NCAP(New Car Assessment Program)」の安全性能評価基準では、自動ブレーキによる衝突回避の対象に夜間の歩行者を加えることを検討しており、今回、開発した画像センサーはこれに対応しています。

 デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。そしてこれからも今まで培ってきた技術を活用し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。

<注釈>

【注】画像センサー:画像センサーは、カメラにより道路上の白線や前方の物体を識別するセンサーです。

夜間における歩行者の撮影性能


現行品


開発品

以上