デンソー、初の統合報告書として
「アニュアルレポート2016」を公開

2016年09月30日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、このたび初めての統合報告書として「アニュアルレポート2016」を公開しました。

 本レポートは、業績や営業概況、経営戦略などの財務情報を報告する従来のアニュアルレポートと、事業成長を支える基盤としての環境・社会・ガバナンスといった非財務情報を報告するCSRレポートを統合しました。デンソーが中長期的に社会に対してどのような価値を創造し、提供しているのかについて分かりやすく紹介しています。また、国際統合報告書評議会(IIRC)が提唱する「国際統合報告フレームワーク」を踏まえ、編集しております。

 「アニュアルレポート2016」の構成は以下の通りです。

  • カバーストーリー
  • 社長メッセージ
  • 企業価値創造プロセス
  • 事業成長戦略
  • 事業成長を支える基盤
  • 企業データ

アニュアルレポート2016

 「企業価値創造プロセス」の中では、創業以来培ってきた研究開発、モノづくり、ヒトづくりという強みを紹介しています。そして、その強みを原動力にして、地球環境の維持と安心・安全な社会づくりに貢献することで、企業価値を創造する、デンソーの理念と行動のプロセスを紹介しています。

 デンソーは、今後も投資家をはじめとしたステークホルダーの皆さまとの対話を継続し、「世界と未来をみつめ新しい価値の創造を通じて人々の幸福に貢献する」という使命の実現を目指してまいります。

 「アニュアルレポート2016」の内容については、デンソーホームページからPDF形式にてダウンロードしてご覧いただけます。
 また英語版については、10月末頃に公開予定です。

以上