「デンソー健康宣言」を策定
〜健康でいきいきと働ける会社へ〜

2016年09月23日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、社員の健康増進を経営課題の一つと捉え、これまで以上に健康増進活動を強力に推進していくため、このたび「デンソー健康宣言」を策定しました。社員一人ひとりの健康意識向上のため組織一丸となり取り組んでいきます。

重点健康施策

健康への一歩が、一人ひとりの、職場の、会社の活力となるよう、以下の3つのことに重点を置き活動を進めていきます。

1.一人ひとりの健康のために

個々に応じた健康面での課題や目標値を把握するために、健康支援ツールなどを活用した「健康の見える化」や、e-Learningの導入また健康診断時の保健指導など病気予防に重点を置いた活動を行います。

2.職場で健康意識をアップ

各職場に「健康リーダー」を任命し、職場に応じた「健康アクションプラン」を作成します。職場の仲間と活動することで、コミュニケーションを活性化し、職場の健康レベル向上を目指します。

3.会社全体をより働きやすい環境に

デンソー健康保険組合や関連部署と連携し、喫煙対策、メタボリックシンドローム対策、メンタルヘルスケアなどの施策に引き続き取り組んでいきます。また、年齢や性別、国籍を問わずすべての社員がより働きやすい制度の導入や、働き方変革の施策など、元気な職場環境づくりに努めます。


デンソー健康宣言

デンソーは、社員一人ひとりが健康で、個々の能力や個性を発揮することにより、会社がさらに活性化すると考えます。また、健康な心身からうまれる笑顔と情熱は人を惹きつけ、元気な会社づくりの推進力となります。これまで取り組んできた健康施策を進化させるとともに、経営理念にある『個性を尊重し 活力ある企業をつくる』ために、より社員が健康でいきいきと働くことのできる会社づくりに努めることを宣言します。

2016年9月23日
株式会社デンソー
取締役社長 有馬 浩二

以上