デンソー、高齢者生活支援の実証試験において
地域情報配信システム「ライフビジョン」のサービス開始
〜高齢者向け新機能を追加し、秋田県湯沢市の約80世帯が対象〜

2016年08月01日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、秋田県湯沢市が行う高齢世帯約80世帯を対象にした実証試験事業(湯沢市高齢者等生活支援システム実証試験業務)を受注し、情報通信技術(ICT)を活用した地域情報の配信システム「ライフビジョン」のサービス提供を8月1日から開始します。

 ライフビジョンはインターネット回線とタブレット端末を利用したシステムで、2014年に香川県直島町にて導入、本格運用を開始しました。今回は、従来の地域情報の配信や防災情報の提供、資料の閲覧などの機能に加えて、高齢者の支援機能として、見守り機能、乗り合いタクシーの予約機能を新たに開発し湯沢市が行う実証試験に参加します。

 見守り機能では、一定期間、使用者がタブレット端末を操作しない状態が続くと、地域の民生委員や市の担当窓口にお知らせすることで、毎日訪問しなくても高齢者の安否確認ができます。また乗り合いタクシーの予約機能では、乗り合いタクシー運行事業者と連携し、専用の予約アプリを開発し、高齢者でも簡単にタブレット端末からタクシーを予約することができます。

 湯沢市では65歳以上の高齢者が35%を超え、高齢者のみの世帯が増加しています。特に、中心部から離れた集落では、高齢者の孤立、孤独化が問題となっています。これまでは民生委員やボランティアによる見守り事業を行ってきましたが、今後の更なる市民サービスの向上にむけ、今回、実験的にライフビジョンを活用した見守り、および情報発信を行っていきます。

 現在、全国各地において少子高齢化が進む中で、災害時の緊急情報配信や高齢者の見守りなど、自治体と住民、住民同士のコミュニケーションの活性化が求められています。デンソーは、今後もICT技術を活用し、地域に密着し人と人をつなぎ地域活性化に貢献するソリューションを提供していきます。

「ライフビジョン」 画面イメージ

「ライフビジョン」 画面イメージ

使用イメージ

使用イメージ

使用イメージ

以上