デンソー、三井住友海上と連携して
交通安全教育プログラムをグローバルに展開
〜タイ、中国、日本で出前授業を開始〜

2016年07月05日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、三井住友海上火災保険株式会社(本店:東京都千代田区、社長:原 典之 以下、三井住友海上)と協働で、交通安全教育プログラムをグローバルに展開し、このたび、タイ、中国、日本において出前授業を開始しました。

 交通安全は世界共通のテーマであり、各国や地域が抱える課題に応じて、継続的な啓発活動を行っていきます。デンソーではすでに各国や地域で交通安全活動を実施していますが、今後は三井住友海上と連携して交通安全教育プログラムをグローバルに展開していきます。具体的には、交通安全に関するデータや知識を豊富に持ち合わす三井住友海上およびグループ会社の株式会社インターリスク総研がプログラム(教材)を作成し、事前に講師として研修を行ったデンソーや三井住友海上の社員が、事業所周辺の学校や施設を中心に出向いて授業を行います。
 両社はドライバーだけではなく歩行者などの交通弱者にも焦点を置き、世界各国において出前授業を通した交通安全マナーやモラルの向上を図り、交通事故のない社会の実現に貢献していきます。

 デンソーは、2020年に向けて、社会全体にとってより良い未来の実現と地球環境の維持に貢献するために、特に「環境」「安心・安全」にこだわり、グループ一丸となって事業活動を通じて社会課題への解決に取り組んでいます。

各地域の出前授業の内容

活動の様子

6月13日 中国、上海テクニカルセンターにて小学生向けの体験型交通安全教育を実施

制動距離をメジャーで測る様子

実車体験に積極的に参加する子どもたち

6月29日 タイバンコク郊外(サムットプラーカーン県)にある小学校にて、交通安全教育を実施し、ヘルメット615個を寄贈

ヘルメットを被る子どもたち

交通安全プログラムの様子

以上