デンソー、ソフトウェア開発を手掛ける
NTTデータMSE社に資本参加

2016年07月01日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、車両のメーターやディスプレイを制御するソフトウェアの開発を強化するため、車載プラットフォームのソフトウェア開発を手掛ける株式会社NTTデータMSE(本社:神奈川県横浜市、社長:都築 秀範、以下NTTデータMSE社)に出資することを決定しました。出資時期は、本日、2016年7月1日付けで、出資比率は15%となります。

 当社は、交通事故を減らすため、安全分野における技術開発に力を入れています。今回は、ドライバーに安全運転を促すHMI(Human Machine Interface:ヒューマンマシンインターフェイス)の分野において、ソフトウェア開発の効率化を狙い、NTTデータMSE社に出資します。
 昨今、高度運転支援を補助するために、運転者に安全運転を促すための警告表示などHMIの重要性は一層増しており、それらを制御するソフトウェアの開発は高度化・複雑化しています。今回、出資するNTTデータMSE社は、IoTサービス、モバイル端末ソフトウェアや車載機組み込みソフトウェアの開発を行っており、特に、車載プラットフォームの開発を強みとしています。当社は、NTTデータMSE社との協業により、HMIを制御するソフトウェアの開発を効率的に行うことにより、予防安全分野における技術開発の加速を目指します。

 デンソーは、今後もこれまで培ってきた技術を活用し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人が安心できる、安全なクルマ社会の実現に貢献していきます。

NTTデータMSE社の概要

1. 所在地 神奈川県横浜市港北区
2. 代表者・社長 都築 秀範
3. 設立年月 1979年7月5日
4. 資本金 3億2,000万円
5. 従業員数 1,113名(16年4月時点)
6. 事業内容 IoTサービス事業、プロダクトサービス事業、オートモーティブビジネス事業
7. 出資比率 株式会社NTTデータ45%、パナソニックシステムネットワークス株式会社40%、デンソー15%

以上