デンソーと豊田通商、
車載ソフトウェアの開発強化に向けタイで合弁会社を設立

2016年04月15日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)と豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:加留部 淳)は、このたび、タイ・バンコクに合弁会社を設立することに合意しました。新会社の社名は「Toyota Tsusho DENSO Electronics (Thailand) Co., Ltd」で、2016年7月から、エンジンECU(Electronic Control Units)の開発効率向上に向けたソフトウェア開発を行う予定です。

 エンジンECUのソフトウェア開発においては、近年、パワートレイン制御の高度化に伴い、開発規模が増大しており、開発の効率化が課題となっていました。今回の合弁会社では、ソフトウェア開発における制御開発・設計・検証に至る全工程にて、一貫してモデルを活用した開発を行います。また多種にわたるECUの開発に備え、ソフトウェアの標準化を行い、開発の効率化、およびスピードアップを狙います。

 なお、新会社の資本金は2,000万バーツ(約7,000万円)で、デンソーグループの出資比率は51%、豊田通商グループの出資比率は49%となります。

 合弁会社の概要は以下の通りです。

1. 社名 Toyota Tsusho DENSO Electronics (Thailand) Co., Ltd.
2. 所在地 タイ バンコク
3. 社長 伊藤 秀哉 Toyota Tsusho Electronics (Thailand) Co., Ltd の現社長(兼務)
4. 設立年月 2016年7月(予定)
5. 資本金 2,000万バーツ (約7,000万円)
6. 出資比率 DENSO INTERNATIONAL ASIA PTE., LTD. 51%
Toyota Tsusho Electronics (Thailand) Co., Ltd. 49%
7. 従業員数 約30名 (2016年度)
8.事業内容 車載エンジンECU向けソフトウェアの開発及び設計

<注釈>

【注】為替レートは、1バーツ=約3.4円で計算

<参考>Toyota Tsusho Electronics (Thailand) Co., Ltd.の概要

1.所在地 タイ、バンコク
2.代表者・社長 伊藤 秀哉
3.設立年 2005年
4.資本金 3,200万バーツ (約1億円)
5.従業員数 200名
6.事業内容 車載関連組込みソフトウエア開発・車載用電子デバイス販売

以上