デンソーとNTTドコモ、高度運転支援と自動運転技術の
実現に向けた研究開発の協力に合意
〜LTEや5Gを利用した車両制御システムの研究開発〜

2016年02月22日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬浩二、以下デンソー)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、社長:加藤薰、以下ドコモ)は、高度運転支援および自動運転技術の実現に向け、LTEや次世代移動通信システム5G(以下5G)を利用した車両制御システムの研究開発を協力して進めることに、本日合意いたしました。

 デンソーは自動車と信号機等のインフラ、および自動車同士をつなげる車両通信技術の研究開発に取り組み、通信を利用した車両制御技術の評価・実験や、車載器の開発等を行ってまいりました。一方、ドコモは自動車と歩行者の通信を含む自動車とあらゆるものをつなげる通信にLTEや5Gを応用する車両通信の研究開発に取り組んでまいりました。車両通信にLTEや5Gを利用することで、より高品質かつ高速な通信が可能になることが期待できます。

 今回の研究開発は、デンソーがこれまで培った車両制御技術のノウハウと、ドコモが培った車両通信のノウハウを組み合わせることで、LTEや5Gを利用した車両制御技術の高度運転支援や自動運転技術への活用をめざします。具体的には、高速道路での合流や、見通しの悪い都市部の交差点等での活用を想定し、シミュレータを用いた評価や、車両を利用した実験を検討してまいります。

 今後両社は、LTEおよび5Gを利用した高度運転支援、自動運転技術の実現に向け協力して研究開発を行います。


LTEおよび5Gの活用のイメージ

以上