デンソー、インド・ニューデリーで行われる
「第13回オートエキスポ2016 コンポーネンツ」に出展

2016年01月28日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、2016年2月4日(木曜日)から7日(日曜日)までインド・ニューデリーで開催される「第13回オートエキスポ2016 コンポーネンツ」に出展し、「安心・安全」「環境」分野を中心に、製品・技術を幅広く紹介します。

 安心・安全分野では、画像センサーやミリ波レーダーなどを用いたセンシング技術や、自動車とインフラ、自動車同士を通信でつなげるV2X技術を用いた高度運転支援システムなど、先進安全システムに必要不可欠な技術・製品を紹介します。
 環境分野では、ガソリンエンジンの直噴システム、ディーゼルエンジン用のコモンレールシステム、EV・HEV向け製品など燃費性能に貢献する製品を展示します。

 またアフターマーケット分野においては、インド発の商品として、二輪車向けアクセサリー「Doko(ドコ)」を展示します。Dokoは、ドライバーが携帯するコントローラーと2輪車本体に搭載するレシーバーで構成されています。ドライバーは、コントローラーを使ってウインカーを点灯させたりブザーを鳴らすことができ、これにより、駐車された数多くの2輪車の中から、簡単に自身の2輪車を見つけることができます。また盗難防止機能として、本体に搭載されたレシーバーが、駐車時の車両の揺れや電源の直結を感知し、ウインカーやブザーを作動させ、周囲に異常を知らせます。
 Dokoは、二輪車の割合が高いインド市場のニーズに応えた商品として、デンソーインターナショナルインディアのテクニカルセンターで開発され、2016年度から販売を開始する予定です。

 デンソーは、今後も、「安心・安全」および「環境」分野の技術や製品の開発を通じて、より地球にやさしく、交通事故のない社会の実現に貢献していきます。



デンソーブース(イメージ)



Doko、製品イメージ(CG)

以上