デンソー、「SAKE SAVER」酒セーバーを発売
〜酒瓶内を真空状態にして日本酒の酸化を抑制〜

2015年11月25日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、飲み切れなかった日本酒の瓶内の空気を電動で抜き、真空状態にして酸化を防ぐ「SAKE SAVER」酒セーバーを、12月1日(火曜日)からオープン価格で発売します。

 昨今、海外でも和食ブームを発端に日本酒の人気が高まり、国内外に日本酒の愛飲家が増えている中、酒セーバーは、ご家庭の食卓でも気軽に使っていただくことができ、新しい日本酒の楽しみ方をご提案いたします。

 デンソーは2014年にワインの酸化を防ぐワインセーバーを販売し、今回、日本酒の四合瓶に対応した酒セーバーを開発しました。日本酒はワインと同じ醸造酒で、一度開栓すると、酸化による味の変化が生じます。酒セーバーを使用することで酸化が抑制され、開栓から約2週間はその日本酒が持つ新鮮な味わいを保つことができます(当社調べ)。

 操作はとても簡単で、付属の高密度栓を酒瓶(四合瓶)に差し込み、本体を栓の上からかぶせると自動的に内蔵のポンプが作動し、真空化を開始します。空気を抜いている間は、上ぶたのLEDライトの点滅の速さで真空化の進度をお知らせします。真空化が完了すると3秒点灯後、自動的に停止します。停止後は本体を外し、栓を付けたまま酒瓶を保存します。

 当製品は、小型・軽量・静音、かつ、手になじみやすくスマートなデザインで、ご自宅用はもちろん贈答品としてもお使いいただけます。ボディーカラーは2色で、手触りの良い陶器を連想させる黒陶器色とガラスのような艶と透明感のある磁器をイメージした青白磁色をラインアップしました。

 この酒セーバーは、デンソーセールスが運営する「オオサワe-shop」、および各取扱店にてご購入いただけます。

「SAKE SAVER」製品写真


黒陶器色


青白磁色

以上