第6回ものづくり日本大賞の2部門において
内閣総理大臣賞を受賞

2015年11月10日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、第6回ものづくり日本大賞において、クリーンディーゼルを支えるコモンレールシステムの開発、および第43回技能五輪国際大会における金メダル受賞が認められ、2部門で内閣総理大臣賞を受賞しました。11月9日(月曜日)に首相官邸にて、表彰式が開催されました。

 コモンレールシステムの開発においては、デンソーは、独自の超精密加工技術や生産技術により、2,500気圧の超高圧のコモンレールシステムを開発、量産化しており、ディーゼル車における燃料噴霧・拡散の最適な制御を実現しています。さらには、燃料を噴射するインジェクターに内蔵された圧力センサーが噴射圧をリアルタイムに測定し、インジェクタ―ごとにタイミングと噴射量を制御できる「i-ART(intelligent Accuracy Refinement Technology)システム」を、2012年に世界で初めて量産し、燃費の向上と排ガス中の有害物質低減に貢献しています。今回、クリーンディーゼル車の今後の普及拡大に大きく貢献するコモンレールシステムを実用化したことが認められ、当社常務役員の篠原 幸弘、他6名の当社社員が同賞を受賞しました。

 また、2015年にブラジルのサンパウロで開催された第43回技能五輪国際大会において、当社は2職種5名の選手が金メダルを受賞し、今回、その成績により、ものづくりの将来を担う高度な技術・技能者として認められ、同賞を受賞しました。
 同賞を受賞した選手は、「製造チームチャレンジ」小原 基央、中島 陽平、沓名 佑太、「移動式ロボット」長谷川 準、伊東 直輝の5名です。

 ものづくり日本大賞は、2005年の制度創設後、6回目を迎え、今回の受賞によりデンソーは6回連続で内閣総理大臣賞の受賞となります。

<参考>当社の「内閣総理大臣賞」受賞歴

第1回 世界初のエジェクタサイクルの開発・実用化
技能五輪国際大会金メダリスト(ポリメカニクス)
第2回 技能五輪国際大会金メダリスト(移動式ロボット・抜き型)
第3回 技能五輪国際大会金メダリスト(移動式ロボット)
第4回 電子部品を内蔵した基板を1回のプレスで完結させる製造プロセスの開発
技能五輪国際大会金メダリスト(製造チームチャレンジ)
第5回 技能五輪国際大会金メダリスト(プラスチック金型)

以上