デンソー、第22回ITS世界会議ボルドー2015に出展

2015年09月28日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、10月5日(月曜日)から9日(金曜日)まで、フランスボルドー市で開催される第22回ITS世界会議ボルドー2015に、「世界の命を技術で守りたい -いつもの安心、もしもの安全- 」をテーマに出展します。

 展示では高度運転支援システムを支える製品と技術を紹介します。
 体験型展示として、フロントガラスに運転支援情報を表示する大型ヘッドアップディスプレイ、カメラでドライバーの脇見や眠気などを監視するドライバーステータスモニター、車両後方カメラで捉えた映像をディスプレイに表示する電子ミラーなどを搭載した将来型コックピットを紹介します。このコックピットでは、車が危険個所に差し掛かった際のドライバーへの注意喚起や、合流時・車線変更時のドライバーへの情報伝達など、デンソーの考える人とクルマのコミュニケーションを体験できます。

 また、GPSで測位した自車の位置情報とカメラの映像から自車がどの車線を走行しているかまで把握できるADASロケータや、自車への接近物を検出して警告できる4つのカメラを使った周辺監視システムなどの高度運転支援システムに必要な製品を紹介します。

 さらに、デンソーが公道とテストコースで実施している高度運転支援に関する走行実験の内容や、シンガポールの国立大学や国立研究機関などとの自動運転分野での共同研究について紹介します。

 デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。そしてこれからも今まで培ってきた技術を活用し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。


デンソーブース(イメージ)

以上