デンソー、「人とくるまのテクノロジー展2015」に出展

2015年05月12日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、5月20日(水曜日)から22日(金曜日)までパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2015」(主催:自動車技術会)に出展し、環境および安心・安全に関する製品・技術を中心に、デンソーの幅広い技術力を紹介します。

 環境分野では、燃料電池自動車"MIRAI"に搭載されている各種製品を紹介します。デンソーは、ハイブリッドや内燃機関の車両で培った技術を生かし、燃料電池に不可欠な熱制御システムや水素系システムなどのさまざまな構成部品を供給しています。当社ブースでは、それらの製品とあわせて各システムの中で果たす製品の役割を紹介します。
 また、世界で初めて、パワートランジスタ(MOSFET【注1】)を用いたレクチファイヤ(整流器【注2】)を搭載した高効率オルタネーター「eSCオルタネーター」を出展します。従来のSCオルタネーターに改良を加えて発電効率を上げたことにより、実用燃費を1%向上させました。

 安心・安全分野では、デンソーの高度運転支援システムへの取り組みをはじめ、無線通信を用いた交通の効率化と安全を実現するためのインフラ協調用システム車載機などの各種技術を展示します。高度運転支援システムでは、昨年実施した愛知県南知多道路での公道実験や、第21回ITS世界会議デトロイト2014での実車デモを映像で紹介します。

 デンソーは、今後も、「環境」および「安心・安全」分野の技術や製品の開発を通じて、より地球にやさしく、交通事故のない社会の実現に貢献していきます。

<注釈>

【注1】Metal Oxide Semiconductor Field Effect Transistor

【注2】電気を交流から直流へ変換する装置


デンソーブースイメージ

以上