デンソー、2015 International CES国際家電ショーに出展

2014年12月25日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、2015年1月6日(火曜日)から9日(金曜日)まで、米国ネバダ州ラスベガス市のラスベガスコンベンションセンター&ワールドセンターで開催される国際的な家電ショー「2015 International CES」に出展します。
 今回は、「より快適で、安心・安全な未来の暮らしを支えたい」をテーマに、自動車分野の展示に加え、より良い暮らしづくりにつながる非自動車分野の各種製品・技術を紹介します。

 自動車分野においては、車の運転中に、様々な情報をより安全に入手したいというニーズが高まる中、今回の展示では携帯電話や2台の実験車両を使い、デンソーが強みとしている、センシング技術とHMI(Human Machine Interface)技術を活用した各種システムを紹介します。例えば、クルマとインフラをつなぐV2IやクルマとクルマをつなぐV2Vなどのシステムをはじめ、ドライバーに負担をかけずに、安心・安全に貢献するさまざまな情報を提供するコックピット情報システムを展示します。

 さらに、乗り手にやさしく、環境に配慮した新しい商業用カーシェアリングの実証実験など、クルマと家、そして社会をつなぎ、社会全体のエネルギーの効率的活用を視野に入れ、現在開発に取り組んでいるマイクログリッド技術もご紹介します。

 非自動車分野においては、自動車分野で培った技術を活用した農業、ヘルスケア、セキュリティなどに関する製品・システムを紹介します。例えば、農業では、温室内の温度や湿度、CO2濃度を制御することにより、農産物の生産性向上に貢献する農業生産支援システムの「プロファーム」を、ヘルスケアでは自動車のセンシング技術を活用してユーザーの健康状態を把握・確認するヘルスモニタリングシステムなどを紹介します。

 デンソーは、自動車関連の技術開発に加え、これまで自動車で培ってきた技術を自動車以外の分野に活用し、環境にやさしく、安心・安全な暮らしの実現に貢献していきます。


ブースイメージ

以上