デンソー、「人とくるまのテクノロジー展2014名古屋」に出展

2014年12月02日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、12月11日(木曜日)と12日(金曜日)にポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2014名古屋」(主催:自動車技術会)に出展し、環境および安心・安全に関する新製品・新技術を紹介します。

 環境分野に関しては、大幅な標準化を実現した新型エアコンユニット、SiC(シリコン・カーバイド)パワーデバイスなどを出展します。新型エアコンユニットは、従来は車種ごとにサイズや構造などが異なっていたものを、構成部品を共通化しつつ、要求される性能を実現できる構造となっており、小型車から高級車まで共通して搭載することができる製品です。SiCパワーデバイスは、従来のSi(シリコン)を使用したパワーデバイスに比べて、発熱によるエネルギー損失を大幅に低減することができる技術です。このSiCパワーデバイスを用いた小型インバーターモジュールは、100kW/Lという単位体積あたり世界最高水準【注1】の出力が可能です。

 安心・安全分野に関しては、予防安全システムやインタラクティブ・コミュニケーション・コックピットなどを展示します。予防安全システムでは、画像センサーやミリ波レーダーなど、複数のセンサーを組み合わせる当社のセンシング技術を活用した各種機能を紹介します。インタラクティブ・コミュニケーション・コックピットは、センシング技術と、車の走行に必要な情報提供を行うためのHMI(Human Machine Interface)技術を組み合わせたコックピット型の展示で、デンソーが考える未来のドライブを体感することができます。

<注釈>

【注1】2014年11月時点、当社調べ。


ブースイメージ


新型カーエアコンユニット


小型インバーターモジュール

以上