デンソー、「CEATEC JAPAN 2014」に出展

2014年09月30日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、10月7日(火曜日)から11日(土曜日)まで 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」に出展します。「地球と生命を守り、次世代に明るい未来を届けたい」をテーマに、環境および安心・安全分野と、自動車部品サプライヤーとして培ってきた技術を応用した、安心で快適な生活の実現に貢献する新製品・新技術を紹介します。

 将来の地球環境を見据えた技術としては、愛知県安城市で実証を開始する、モビリティを活用したコミュニティー向けのシステムを紹介します。
このプロジェクトにおいて、デンソーは小型EVを使ったカーシェアリングの実証実験を主導し、通信車載器やICカードリーダーを用いた予約管理システムを構築、予約管理、利用状況の解析を行い、CO2管理や運用改善に役立つモビリティ管理システムの技術を提供します。

 また、低炭素社会の実現や街の省動力化への貢献を目指すデンソーのSiC技術「REVOSIC【注1】(Revolutionary SiC)」を紹介します。SiC(炭化ケイ素)は、ハイブリッド車や電気自動車の走行用モーターを作動させるインバーター用の半導体部品(パワー素子)の材料です。従来の材料であるSi(シリコン)よりも高電圧、高速動作、低抵抗という特性があり、例えばハイブリッド車用のインバーターを従来の2割まで小型化することができます。今後、この技術をクルマ以外の分野にも応用していくことを研究しています。今回は、パワー素子、6インチのSiCウエハ、インバーターなどを展示します。

 これからの安心で快適な生活実現のための技術として、デンソーの持つ小型・高出力のモーター技術とセンサーを応用したインホイールモーター『X-mobility』を出展します。これは、球体の中にモーター、バッテリー、通信モジュール、各種センサーを内蔵しており、アイテムに装着すると360°自在に移動させることが可能です。例えば、トランクケースに取り付けて、持ち主のあとをついて来るようにするなど、人々のより便利で快適な生活をサポートします。

 さらに、QRコード技術を活用した新しいサービス「MapQR」を展示します。MapQRは、特定の場所の地図画像にその場所の位置情報データを重ねた2次元コード、つまり実際の地図の上に位置情報を表すQRコードを載せたものです。QRコードリーダーを使うことで正確な位置情報を読み取ることができます。略地図代わりにガイドブックやパンフレットに印刷すると、紙媒体に掲載された位置情報をスマートフォンの地図やカーナビなどに簡単に送ることができます。

<注釈>

【注1】REVOSICはデンソーの登録商標です。

【注2】QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

【注3】MapQRはロゴQの技術を利用しています。ロゴQはATコミュニケーションズ社の登録商標です。


ブースイメージ図


X-mobility


MapQR

以上