デンソー、オーストラリアの生産会社での生産を終了

2014年09月10日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、オーストラリアにおいて当社が製品を納めている自動車メーカーの生産事業からの撤退に伴い、デンソー・オートモーティブ・システムズ・オーストラリアでの生産を終了することを決定しました。生産の終了時期は、お客さまである自動車メーカーの撤退時期に基づき決定する予定です。

 デンソーは、1972年にオーストラリアでの生産を開始してから42年間、カーエアコンやラジエーターなどを現地のお客さま向けに生産してきましたが、この度、オーストラリアにおいて当社が製品を納めている自動車メーカーの生産事業撤退に伴い、現地での生産終了を決定しました。オーストラリアでの市販事業・サービスは、今後も引き続き行っていく予定です。
 また、今回の決定により影響を受ける従業員につきましては、今後、再就職支援など最大限のサポートを実施してまいります。

今回の決定に際し社長の加藤は、「今回、お客さまの生産事業からの撤退に伴い、厳しい決断をせざるを得ませんでした。当社が初めて海外生産拠点を設立したオーストラリアで、これまで42年間、デンソーの成長を支えていただいた従業員と地域社会の皆さまに深くお礼を申し上げます。」とコメントしました。

デンソー・オートモーティブ・システムズ・オーストラリアの概要

1.名称 DENSO Automotive Systems Australia PTY. LTD.
2.社長 Russell Jopson
3.所在地 オーストラリア ビクトリア州
4.設立 1989年
5.従業員数 約400人(14年3月時点)
6.業務内容 カーエアコン、ラジエーター、メーターなどの製造・販売

以上