デンソー、車載半導体回路の開発を行う東京事業所を開所

2014年08月06日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、車載半導体回路の設計開発を行う東京事業所を東京都港区(品川駅近郊)に7月に設置し、本日8月6日(水曜日)16時に開所式を行います。

 近年、車両に搭載される環境、安心・安全を中心とする技術の多くは、高度な電子制御が行われています。そして、そうした技術には多くの車載半導体が使用されており、今後もさらに増加していくことが見込まれています。

 東京事業所は、愛知県内の本社、幸田製作所、基礎研究所に次ぐ車載半導体回路の開発拠点として、環境、安心・安全分野における最先端の開発を行います。また、デンソー本社の一部門と位置づけ、関連研究機関、技術者の多い関東圏を中心に新たに人員を採用しています。

 デンソーは、これまで長年にわたり培ってきた車載半導体技術をベースにしつつ、これからも先進的な技術の開発に取り組み、環境に優しく、安心・安全なクルマ社会の実現に貢献していきます。

拠点概要

1.名称 株式会社デンソー 東京事業所
2.所在地 東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー4F
3.設立 2014年7月
4.従業員数 10人(2014年7月開所時)
約30人(2015年7月時点見込み)
約100人(2020年度見込み)
5.事業内容 環境、安心・安全分野における車載半導体回路の設計開発
6.施設概要 実験室、シールドルーム完備

300mmウェハー、110GHz対応検査装置

以上