デンソー、高度運転支援技術の公道試験を開始〜愛知県「自動車安全技術プロジェクトチーム」活動の一環として〜

2014年07月14日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、高度運転支援技術の開発に向け、2014年6月下旬から愛知県・南知多道路で公道試験を開始しました。これは安全運転の支援とドライバーの運転負荷軽減を目指した技術で、単一レーン内の自動走行ならびに自動レーンチェンジ等を実施します。
 従来、デンソーはテストコースでこれら技術の開発を行ってきましたが、公道で走行試験を行うことにより、テストコースでは得ることができない課題を抽出・分析・解決し、技術の確立を目指します。

 デンソーは、ドライバーの意思を尊重しつつ運転をより安心・安全なものとする高度運転支援技術の開発に取り組んでいます。高度運転支援技術の開発・実用化を通じて、交通事故の防止に寄与し、より安心・安全なクルマ社会の実現に貢献していきます。

 なお、この試験は、愛知県を中心に、県内の企業・団体が参加して実施している交通事故抑止に関するプロジェクトチーム「自動車安全技術プロジェクトチーム」の活動の一環として実施します。

公道試験の内容

1.単一レーン内の自動走行

2.自動レーンチェンジ


試験風景
(先頭の車両が試験車)

以上