デンソーグループ社員ボランティアによる海外支援のための衣料回収活動を実施
〜段ボール1693箱分の衣料とカンパ金127万円〜

2014年06月20日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、今年の5月から6月にかけて、大安製作所、西尾製作所、グループ会社の浜名湖電装、デンソー九州および協同開催のアピタ刈谷店、安城南店の全6か所において、社員ボランティアによる海外支援用の衣料回収活動を実施しました。地域の方々をはじめ社員の協力により、段ボール1693箱分の衣類と輸送費約127万8千円のカンパ金が集まりました。

 この活動は1993年6月に本社で初めて実施し、その後も安城、高棚、大安、幸田、豊橋、阿久比の各製作所、さらにグループ会社へと活動の場を広げ、毎年春と秋の衣替えシーズンに合わせて衣料回収を行っています。近年では地域との連携をより深めるため、近隣の企業や小学校と協同で開催しています。
 回収した衣類は、NPO法人日本救援衣料センター(大阪市中央区)を通じて、アジア・アフリカの難民や避難民に寄贈します。第1回の実施以降22年間で、延べ8200人の社員をはじめとするボランティアが回収活動を行い、段ボール35,500箱分の衣類と輸送費として約3787万円のカンパ金を寄贈しました。
 さらに、2011年からは東日本大震災の被災地支援のためにベルマークの回収を同時に受け付けています。集まったベルマークは、宮城県石巻市の小学校に寄贈しました。また今年は、福島県の古着リサイクル活動を行っているNPO団体からのニーズにより、海外支援用では回収を行っていないベビー服やスカートなどの回収も行いました。

 デンソーは、自らが考え行動し、豊かな地域づくりに参画する社員一人ひとりの意志を大切にし、今後もさまざまなボランティア活動の支援を続けていきます。

<参考>

1.2014年春 衣料回収活動の実績
日時 実施場所 実績
大安製作所
【注】いなべ市立石榑小学校と協同開催
5月24日(土曜日)
9:00〜12:00
デンソー大安製作所
健保体育館
衣料:段ボール356箱分
海外輸送費カンパ金:515,489円
ボランティア:90人
安城製作所
高棚製作所
【注】ユニー株式会社 アピタ安城南店と協同開催
6月7日(土曜日)
9:00〜12:00
アピタ安城南店
立体駐車場3F南側
衣料:段ボール350箱分
海外輸送費カンパ金:131,490円
ボランティア:141人
西尾製作所 6月7日(土曜日)
9:00〜12:00
デンソー西尾製作所
体育館
衣料:段ボール107箱分
海外輸送費カンパ金:61,584円
ボランティア:43人
デンソー九州 6月5日(月曜日)〜6月13日(金曜日) 広島工場 衣料:段ボール1箱分
海外輸送費カンパ金:4,784円
ボランティア:1人
本社
【注】トヨタ紡織株式会社、ユニー株式会社 アピタ刈谷店と協同開催
6月14日(土曜日)
9:00〜11:30
アピタ刈谷店
東側立体駐車場4F
衣料:段ボール729箱分
海外輸送費カンパ金:520,674円
ボランティア:172人
浜名湖電装 6月14日(土曜日)
9:00〜11:30
浜名湖電装
吉美工場正面玄関口
衣料:段ボール150箱分
海外輸送費カンパ金:43,848円
ボランティア:7人
合計 衣料:段ボール1,693箱分
海外輸送費カンパ金:1,277,869円
ボランティア:454人

<注釈>

【注】ベルマークは後日仕分け・集計し、宮城県と福島県の小学校に寄贈予定です。

2.回収物
衣類:毛布、ズボン、ジーンズ、Tシャツ、ポロシャツ、トレーナー、セーター、ブラウス、カーディガン、ジャンパー、オーバーコート、ジャケット類、スカート、ワンピース、ベビー服
(以下は新品のみ)下着、靴下、パジャマ、タオル、タオルケット、シーツ
その他:ベルマーク(東日本大震災被災地支援として回収)
3.回収活動の様子

以上