デンソー、商用車向けにドライバーの運転状態を検出する
「ドライバーステータスモニター」を開発

2014年04月03日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、ドライバーの顔画像から運転状態を検出することができる、「ドライバーステータスモニター」を開発しました。本製品は、近赤外線カメラとECU(コンピューター)から成っており、メーターバイザーの下に搭載されます。カメラで撮影したドライバーの画像をもとにECUが顔の向きや目の開き具合等を解析し、決められた時間、眼を閉じたり、正面を向いていない状態が続くとドライバーに警報を鳴らして安全運転を促します。

 ドライバーステータスモニターは、デンソーが強みとしている画像認識技術を利用しています。まず、カメラで撮影したドライバーの画像をもとに、ECUが顔の輪郭や目・鼻・口などのパーツを検出します。各パーツの相対的な位置関係により顔の向きを検出し、脇見などを検知します。また、まぶたの開度や動きによって、ドライバーの異常度合いを推定する仕組みになっています。カメラは常に撮影を行っているため、リアルタイムでドライバーの状態を検出することができます。

 また、近赤外線をカメラの照明として使っているため、車室内が暗くても、安定してドライバーの顔を撮影することができます。さらに、様々な人の輪郭・目・鼻・口など顔の特徴を使って性能改善を重ね、個人差の影響を受けにくい安定した検出ができるようになっています。

 この製品は、現在販売中の日野自動車株式会社の大型トラック・日野プロフィア、および大型観光バス・日野セレガに搭載されています。

 デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、乗員の保護や事故防止に関する安全技術を開発・実用化してきました。今後もこれまで培ってきた技術を活用し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人が安心できる、安全なクルマ社会の実現に貢献していきます。


ドライバーステータスモニター


取り付け写真

以上