デンソー、インド・ニューデリーで行われる
「第12回オートエキスポ2014 コンポーネンツ」に出展

2014年01月28日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、2014年2月6日(木曜日)から9日(日曜日)までインド・ニューデリーで開催される「第12回オートエキスポ2014 コンポーネンツ」に出展し、安心・安全および環境分野を中心にデンソーの先進的な技術を紹介します。

 安心・安全分野では、運転に必要な情報をフロントガラスに表示させるヘッドアップディスプレイとエアコンやオーディオなどの操作機器を組み合わせた「ヘッドアップディスプレイ-操作コマンダ連携システム」を展示します。また、より高精度な衝突検知ができるポップアップフード用の歩行者衝突検知センサーや車車間・路車間通信技術を活用したインフラ協調システムを紹介します。

 環境分野では、最大2500気圧の燃料噴射圧力を実現するディーゼルエンジン用のコモンレールシステムや、タンデムソレノイドスターターにリチウムイオン電池パック、蓄冷エバポレーターを加え、より燃費性能を向上したアイドルストップシステム関連製品を展示します。

 デンソーは、インドを重要な市場と位置づけており、2012年に稼動したインド・テクニカルセンターを中心に、市場のニーズにより合致した製品を開発し、インドのクルマ社会の発展に貢献していきます。


デンソーブース(イメージ)

以上