デンソー、大幅な標準化を実現した新型カーエアコンユニットを開発
〜車種をまたいで搭載可能な、世界初のカーエアコンユニット〜

2014年01月21日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、小型車から高級車まで共通して搭載できる新型カーエアコンユニットを開発しました。従来は、車種ごとにサイズや構造などが異なっていましたが、新型エアコンユニットは、構成部品の共通化を進めつつ、要求される性能を実現できる構造としました。本製品は、大幅な標準化とともに小型・軽量化、高性能化を実現した世界初のカーエアコンユニットです。

 新型エアコンユニットは、構成部品であるエアミックスドア、サーボモーター、ブロワファンなどを新たに開発し、当社の従来製品に比べ20%の小型化を実現することで、標準化しました。
 まず、エアコンから吹き出る空気の温度を調節するためのエアミックスドアは、高度な成形技術により、従来に対し半分の薄さにしており、ユニットの奥行きの小型化および軽量化に貢献しています。また、ドアを動かすためのサーボモーターは、これまで複数個付いていましたが、エアコンユニットの構成部品を標準化したことにより1個に統合し、小型化に貢献しています。さらに、ブロワファンはファンの翼形状を風の流れに最適な形に設計することで、送風能力を維持しつつ、従来よりも15%小型化し、かつ、消費電力を20%低減しています。

 こうした新技術により小型・軽量化、高性能化、標準化を実現した新型エアコンユニットは、エコカーにも対応できます。例えば、アイドルストップ車には、エアコンケース内のエバポレーターを蓄冷エバポレーターに、ハイブリッド車や電気自動車にはヒーターコアを置き換えヒートポンプエアコンに、また、車室内の空気循環と外気を車内へ取り込むことを同時に行う、内外気二層構造へ変更することで低熱源車両にも対応できます。

 この新型エアコンシステムは、昨年12月に発売された新しいハリアーと、今月に発売されたノア、ヴォクシーに搭載されており、今後も幅広い車種への展開を図っていきます。デンソーはこれからもクルマの快適性能と環境性能との両立に向けた技術の開発を通じ、先進的なクルマ社会の創造に貢献していきます。

新型カーエアコンユニットの構造

エアコンユニット内部(側面)


新型カーエアコンユニット

以上