デンソー、エコプロダクツ2013に出展

2013年12月05日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、12月12日(木曜日)から14日(土曜日)まで東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2013」に出展します。CO2の排出削減に貢献する省エネ技術・製品や、環境に関するさまざまな取り組みを紹介します。また来場者に楽しくデンソーの環境の取り組みをご理解いただくために、エコマジックショーやクイズラリー、モノづくり教室を当社ブースで開催します。

 省エネ技術・製品の展示では、インバーター、電池監視ユニット、DC-DCコンバーターなどの最新のハイブリッド・電気自動車用製品を展示するほか、車への充電に加え、車載蓄電池に蓄えた電気エネルギーを家庭に供給できるV2H対応充放電スタンド、自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機「エコキュート」、HEMSコントローラーなどマイクログリッドに関連する製品を紹介します。

 またそれ以外にも、徹底して無駄を排除し、設備の大きさやエネルギー消費を低減する「1/N設備」や製造現場で必要な時に必要な分だけエネルギーを供給・使用する「エネルギーJIT活動」、当社が共催企業としてオルタネーターを支給するなどの支援をしている「小水力発電アイデアコンテスト」などの取り組みを紹介します。

 エコプロダクツ展は、1999年から開催されている日本最大級の環境展示会で、環境に関連する企業・団体・行政等の関係者だけでなく、小中学生や一般の消費者も多数来場する展示会です。

 デンソーは、より環境にやさしい社会の実現に向け、さまざまな技術・製品開発に取り組んでいくとともに、生産環境負荷の削減や、地域・社会との連携や交流を推進していきます。

以上