デンソーの産業機器関連子会社2社が経営統合

2013年12月04日

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)のグループ会社で、自動認識装置、産業用ロボット等の機器やシステムの開発・販売を行う株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県阿久比町、社長:柵木 充彦)と、これらの製造を行うデンソーエレックス株式会社(本社:愛知県阿久比町、社長:永田 文昭)は、2015年1月に経営統合します。

 現在、デンソーエレックスは、デンソーウェーブと一体となった事業を展開しています。今後、自動認識装置、産業用ロボットなどの産業用機器分野における更なる競争力強化に向けては、開発と製造、そして営業機能が一体となり事業展開していくことが必要との判断に至りました。経営統合後は、デンソーウェーブを存続会社とします。

デンソーグループは、クルマの環境性能や安全性能の向上に貢献する自動車用製品の開発を行うだけでなく、産業用機器やQRコードなど幅広い製品や技術の提供にも積極的に取り組んでいきます。

デンソーウェーブの概要

1.社名 株式会社デンソーウェーブ
2.所在地 愛知県知多郡阿久比町大字草木字芳池1[地図]
3.社長 柵木 充彦
4.設立年月 1976年6月
5.資本金 4億9500万円
6.出資比率 株式会社デンソー 75%
豊田通商株式会社 15%
株式会社トッパンTDKレーベル 10%
7.売上高 334億円(2012年度実績)
8.従業員数 648人(2013年3月31日時点)
9.事業内容 自動認識装置、産業用ロボット、プログラマブルコントローラー等の機器・ システムの開発・販売、QRコードの開発・販売

デンソーエレックスの概要

1.社名 デンソーエレックス株式会社
2.所在地 愛知県知多郡阿久比町大字草木字芳池1[地図]
3.社長 永田 文昭
4.設立年月 1976年2月
5.資本金 9,500万円
6.出資比率 株式会社デンソー 100%
7.従業員数 268人(2013年3月31日時点)
8.事業内容 自動認識装置、産業用ロボットの製造

以上