デンソー、第20回ITS世界会議東京2013に出展

2013年10月08日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、10月15日(火曜日)から18日(金曜日)まで、東京ビッグサイトで開催される第20回ITS世界会議東京2013の展示会に出展します。

 今回の当社の出展テーマは『世界の命を、技術で守りたい -いつもの安心、もしもの安全-』で、安心・安全分野を中心とした高度道路交通システム(ITS)関連の各種製品や技術を紹介します。

 主な出展品目は、フロントガラスに各種情報を表示する大画面ヘッドアップディスプレイ、カメラを通じてドライバーの眠気度合いなどを監視するドライバーステータスモニター、車線逸脱警報や自動ハイビーム制御に使用される画像センサー、車両の衝突被害軽減システムや車間距離制御システムの主要部品であるミリ波レーダーなどです。

 さらに、デンソーのITSと安全技術を結集した「スマートチャージング」ショーケースを紹介します。これは管制センターの指示に従って、車両を指定時刻に指定場所へ自動で移動させ、自動で充電するシステムで、自車位置測定技術と周辺環境センシング技術を組み合わせた、自動走行のデモをご覧いただきます。

 また、デンソーが今年から参画している欧州の実証実験「HeERO2(Harmonised eCall European Pilot)」の取り組みについても、映像で紹介します。HeERO2とは、車両が重大事故に遭った場合、自動的に救急サービスに連絡をする安全システム「eCall」を、実際の通信を使って実証実験を行うプロジェクトのことで、2015年からeCallの法制化が予定されている欧州で実施されています。デンソーは、このプロジェクトに通信モジュール・実験車両・ドライバーを提供し、車両の通信データ解析を行う予定です。

 さらに、日本の官民が協力し、協調システムで交通問題解決等に取り組む活動「ITS GREEN SAFETY SHOWCASE」において、当社の製品を提供します。センサー情報を用いた交差点での安全運転支援、信号情報を活用した安全でスムーズな交差点通過支援、車車間・歩車間通信を活用した安全運転支援システムのショーケースに『インフラ協調用車載機』を、ITSスポットと携帯電話網からの情報を連携させて、より安全で快適な運転を支援するショーケースに『DSRC車載器』を提供します。

 デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、技術・製品開発に取り組んできました。今後もこれまで培ってきた技術を活用し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人が安心できる、安全なクルマ社会の実現に貢献していきます。


ブースイメージ

以上