デンソー、2013年度グッドデザイン賞を受賞

2013年10月02日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2013年度グッドデザイン賞において、車載用冷凍機など4点がグッドデザイン賞を受賞しました。当社のグッドデザイン賞受賞は1976年に初めて簡易無線装置で受賞して以降、累計117件となります。また、1992年から22年連続受賞しています。

 今回のグッドデザイン賞受賞内容は以下の通りです。

カテゴリー 受賞内容 共同受賞会社
流通、販売のための機器・設備 車載用冷凍機「DS2」 -
個人・家庭のための情報機器・設備 探し物発見器「キーファインダー」 -
家庭用品・機器・設備 家庭用電気自動車充電スタンド デンソーテクノ株式会社
株式会社デンソーウェーブ
公共のための機器・設備 蓄電池「1kWhモバイルバッテリー」 -

製品の特徴と受賞の評価内容

 車載用冷凍機「DS2」は、タイ、インドネシア向けの車載用冷凍機で、風を受けやすい保冷ボックスの前面上部(運転席の上部方向)に設置し、走行時に発生する風を有効利用し冷凍能力を向上させる製品です。造形的な観点ではなく、移動体のエネルギー効率をいかに引き上げるかを考えた視点が評価されました。

 探し物発見器「キーファインダー」は、車の鍵など大切な物に取り付けて、近くで見当たらないときに、スマートフォンの専用アプリを操作することでブザーを作動させて探し物を見つけることができます。また本製品のボタンを押すことで登録したスマートフォンを探すこともできます。物を紛失するという日常生活での普遍的な問題を電波タグとスマートフォンの組み合わせというシンプルで実用性の高い手段で解決している点が評価されました。

 家庭用電気自動車充電スタンドは、設置場所が限られる住宅の駐車場にも設置しやすいコンパクトサイズを実現し、内部構造で防水を確保することにより、筐体(きょうたい)を樹脂で作り美観を向上させています。本体の外側にコードホルダーを設置することで、操作性を確保しながら、散乱しがちなケーブルのつまずき防止策が施されている点と、非常時にハイブリッドカーや電気自動車から電力を取り出せるコンセントを内蔵した点が評価されました。

 蓄電池「1kWhモバイルバッテリー」は、企業や自治体の活用を想定した、電力不足時に使用する緊急用の携帯蓄電池です。均整のとれたボディと直感的な操作を可能にしたインターフェースが非常時でも大変使いやすく信頼感を感じさせるデザインである点と、本体メインカラーのオフホワイトが清潔感と安心感を与えるとともに、持ち運び用のハンドルが収納式で本体に美しく収まり、非常時の使い勝手の向上に大きく貢献している点が評価されました。

<参考>受賞製品画像


車載用冷凍機 「DS2」


探し物発見器「キーファインダー」


家庭用電気自動車充電スタンド


蓄電池「1kWhモバイルバッテリー」

グッドデザイン賞とは

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。「優れたデザイン」を選ぶことにより「生活と産業活動を推し進めていく」という役割を持ち、50年以上の歴史の中でこれまでに積み上げられてきたグッドデザイン賞は3万8000点に及びます。

以上