デンソー、第42回 技能五輪国際大会の2種目で
金メダルを獲得

2013年07月08日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)と、デンソーの技術・技能研修を担当する株式会社デンソー技研センター(本社:愛知県安城市、社長:湯川晃宏)は、7月2日から7月7日までドイツのライプツィヒで開催された第42回 技能五輪国際大会において、「プラスチック金型」(日本代表)、「CNC旋盤」(タイ代表)の2職種で金メダルを獲得しました。

 第42回技能五輪国際大会には、日本代表として、「製造チームチャレンジ」、「プラスチック金型」、「工場電気設備」、「移動式ロボット」、海外拠点からは、タイ代表として「CNC旋盤」、インドネシア代表として「CNCフライス盤」、「工場電気設備」、「機械製図CAD」、「電工」計8職種12名が出場しました。
 デンソー・タイランドに所属するタイ代表は、カナダ・カルガリー、イギリス・ロンドンで行われた国際大会でも「CNC旋盤」職種で金メダルを獲得しており、3大会連続の金メダルとなりました。デンソーは、1971年の第20回大会に初めて国際大会に出場し、これまでの通算成績は金メダル28個、銀メダル15個、銅メダル13個です。

 デンソーは、技術を形にする高度熟練技能とノウハウを、技術開発とともにものづくりの両輪と考え、デンソー技研センターの技能者育成部門の前身となる技能者養成所を1954年に開設して以来、技能者育成と技能の伝承に力を入れています。

 技能五輪の参加目的は、優秀な成績を挙げるだけでなく、技能五輪の訓練を通じて、若い技能者の心・技・体を磨き、将来の高度熟練技能者になりうる人材の計画的な特別訓練により、技能を伝承することです。

 デンソーは今後も、技能五輪への取り組みを通じて、若手技能者育成と技能の伝承を継続していきます。

金メダルを獲得した「プラスチック金型」と「CNC旋盤」

職種 プラスチック金型
出場選手 髙峰 征希 (たかみね まさき)
選手コメント これまで支えてくれた方々への感謝の気持ちでいっぱいです。特に、ずっと指導してくれた3人のコーチへの感謝は言葉にできません。この金メダルは、みんなの力で獲ったものです。本当にありがとうございました。

職種 CNC旋盤
出場選手 Preecha Maniwongrungrot (プリーチャー マニヲンルンロット)
選手コメント 目標を高く立てて訓練してきたことが実を結び、とてもうれしいです。特にスピードには力を置いて練習してきました。タイでの基礎的な訓練や日本で研修の積み重ねを通して自信を持つことができ、金メダルにつながったと思います。

以上