デンソー、上海モーターショーに出展

2013年04月09日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、4月21日(日曜日)から4月29日(月曜日)まで中国上海市で一般公開される「The 15th Shanghai International Automobile Industry Exhibition」(通称:上海モーターショー)に出展し、安全・環境分野に関する製品・技術を中心に、デンソーの幅広い製品・技術を紹介します。

 メイン展示として、2020年のクルマ社会をイメージした体験型コックピットを中国で初めて展示します。体験型コックピットでは、人工知能を搭載した車両を想定し、各種センサーや車車・路車間通信技術から得た情報をもとに渋滞情報やクルマ同士の衝突リスクをリアルタイムでドライバーに知らせるとともに、危険車両が接近したときに自動運転で衝突を回避するデモを体験できます。また、ドライバーの嗜好にあったお店やレストランなどの情報を収集し、ドライバーに提案するデモなども行います。

 安全分野では、ポップアップフード用の「歩行者衝突検知センサー」、衝突被害軽減システムおよび車間距離制御システム用の「ミリ波レーダー」を初出展します。また、ドライバーの顔画像から眠気度合いなど運転意識低下状態を検出し、安全運転に寄与する「ドライバーステータスモニター」や、車車・路車間通信技術を用いた「インフラ協調システム」を展示します。

 環境分野では、「インバーター」、「リチウムイオン電池用電池監視ユニット」、「モーターステー ター」、「DC-DCコンバーター」などのハイブリッド車・電気自動車用製品や、「リチウムイオン電池パック」、「蓄冷エバポレーター」などのアイドルストップシステム関連製品を展示します。

展示製品リスト:デンソーHP「上海モーターショー展示情報」
http://www.denso.co.jp/ja/news/event/globalmotorshows/index.html


ブースイメージ図

以上