デンソー、カンボジアに生産会社を設立
〜アセアン市場における生産・供給体制を強化〜

2013年01月23日

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)は、アセアン地域における生産・供給体制強化の一環として、カンボジアに新会社デンソー・カンボジア社を設立し、2013年7月からマグネトー(二輪車用発電機)用センサー部品の生産を開始します。生産品目については順次拡大予定です。

 アセアン地域における二輪車および自動車の生産は今後も拡大が見込まれています。そうした中で、デンソーは、アセアン地域における生産・供給体制を強化すべく、既存の進出国における新たな工場建設や工場拡張に加え、未進出国であるカンボジアに生産会社を設立することとしました。

 デンソーは、今後も、世界各地域の二輪車および自動車市場の動向を見据えた生産・供給体制を構築し、お客様、自動車ユーザーの期待に応える製品を提供していきます。また、事業を通じて地域の雇用創出や経済発展にも貢献していきます。

 新会社の概要は以下の通りです。

デンソー・カンボジア社の概要

1.名称 デンソー・カンボジア社(DENSO CAMBODIA Co. LTD)
2.所在地 カンボジア プノンペン経済特別区(プノンペン空港から車で約20分)
3.投資額 40万USドル(約3,465万円)
4.出資比率 デンソー・インターナショナル・アジア社 100%
5.資本金 30万USドル(約2,560万円)
6.生産開始 2013年7月予定
7.社長 飯田康博(いいだ やすひろ、デンソー・タイランド社社長と兼務)
8.従業員数 約100人(2014年時点予定)
9.業務内容 マグネトー用センサー等の生産

為替レートは、1USドル=86.58円を使用しています。

以上