サイトマップ
ここからサイトメニューです
サイトメニューはここまでです
デンソーグループ社会貢献活動基本方針へジャンプ 推進体制へジャンプ
ここから本文です

取り組みの考え方(要約)

デンソーは、よき企業市民として社会との共生を図り、地域・国際社会から一層信頼される企業を目指しています。その実現に向けた活動方針として、「デンソーグループ社会貢献活動基本方針」を2006年度に定め、デンソーの特長を活かす「青少年育成」、「障がい者(しょうがいしゃ)福祉」、「環境共生」を重点分野とするとともに、社員参加の風土づくりにデンソーグループをあげて取り組んでいます。

デンソーグループ社会貢献活動基本方針

デンソーとデンソーグループ会社は、社会の持続的な発展に貢献するため、よき企業市民として、積極的に社会貢献活動を推進し、ステークホルダー(注1)から信頼され、共感される企業を目指します。

注1:デンソーをとりまく関係者(お客様、株主・投資家の皆様、仕入先様、地域の皆様、社員)

重点分野
1.青少年育成
科学技術・技能に関する教育活動及び、社会の持続的な発展に資する教育活動支援
2. ・障がい者(しょうがいしゃ)福祉
社会参加に意欲のある人たちへの自立支援とその機会づくり
3. 環境共生
コミュニティの自然環境保護及び、地球環境保護
社員参加の風土づくり
社員が自主的に社会貢献活動に参加する風土づくり

>>社会貢献活動基本方針の全文へ

推進体制

デンソーは、社会貢献活動に関する会議体「CSR推進会議」を運営しています。会社としての活動のあり方や、すすめ方について審議検討し、具体的な取り組みに結びつけていきます。

この組織図は、CSR委員会(会社の方向性を審議、検討するものです)。企業としての社会貢献は、総務部と製作所総務部との連携。社員一人ひとりの社会貢献は、デンソーハートフルクラブと社員一人ひとりの連携によります。企業は、これらを支援します。

◆ウェブアクセシビリティへの取り組み

障がい(しょうがい)を伴う人やお年寄りなど、誰もが掲載記事を正確にわかりやすく理解できるホームページへ改良することを開始しました。

>>ウェブアクセシビリティへの取り組みのページへ

>>ウェブアクセシビリティ制作指針

本文はここまでです