サイトマップ
ここからサイトメニューです
サイトメニューはここまでです

活動レポート

地域社会との共生

レポート一覧 | << 前のレポート | 次のレポート >>

■天下の奇祭 万燈祭(まんどまつり)万燈(まんど)製作

写真は、まんどのコンテストの様子。

写真説明:刈谷万燈祭(まんどまつり)保存会と市観光協会主催のコンテスト風景。画面右手のグリーンの法被姿が審査員団です。

写真は、まんどをかついで歩く参加者の様子。

写真説明:万燈(まんど)の裏側。このようにして担ぎ、舞います。

写真は、飲み物やバッテリーなどを積んで随行する補給部隊の様子。

写真説明:万燈(まんど)に随行する補給部隊です。氷や酒、お茶などの飲み物と、万燈(まんど)の電飾用補給バッテリーを積んでリヤカーで随行します。世界に展開するクルマ企業と、レトロなリヤカーという組み合わせのミスマッチが、思わず人々の微笑を誘っていました。

写真は、新栄町のまんどの様子。

写真説明:これは新栄町の万燈(まんど)。テーマは「武松(ぶしょう)  景陽岡(けいようこう)に虎を打つ」だそうです。どのチームも力作ばかり。

写真は、夜8時から始まる一斉舞の様子。

写真説明:夜8時になると、各町内や企業の万燈(まんど)が東陽町に終結(しゅうけつ)し、新楽の華である「一斉舞」が始まります。ここでは将来の担ぎ手となっていく子供たちによる一斉舞があり、それに引き続いて自他共に認める万燈舞(まんどまい)の名手が登場。華麗で男らしい舞に人々は酔いしれ、いよいよ祭りはクライマックスに達します。

写真は、あかりのついた各チームのまんどの様子。

写真説明:灯り(あかり)点いた(ついた)各チームの万燈(まんど)が、照明を落とした東陽町の街にくっきりと浮かび上がり、人々の後姿が影絵のようです。

写真は、じらいやの前で記念撮影をする様子。

写真説明:大活躍した児雷也(じらいや)の前で記念撮影。お疲れ様でした!

写真は、本楽の一斉舞の様子。

写真説明:こちらは翌日・本楽の一斉舞。私たち企業チームは本楽ではゆっくり見物人として万燈祭(まんどまつり)を楽しみます。秋葉社の神前舞を終えた団体は次々に広小路通りに繰り出し、全団体が一同に会し万燈舞い(まんどまい)を披露します。たくさんの万燈(まんど)が、夜空を背景に灯り(あかり)を揺らめかせ勇壮に舞う姿を一望にしながら、刈谷っ子(かりやっこ)たちの熱い万燈祭(まんどまつり)の宵は更けていきます。

本文はここまでです
nalytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));